自己嫌悪に陥らない為にも

逆転スポーツコンサルタントの戸川です。

先日プロカメラマンに撮影をお願いして出来上がった写真。
やはり専門的なスキルを持って見えるのがそのまま出ますね。

分からない事は素直に認め、全て自分でするのではなく、時には人の力を借りてみる発想!大切であると今回改めて再認識しました。

さて、自粛期間、コロナウイルスの影響で経済は大きく変化しました。

そんな状況の中、あなたはこの様な心理状態になっていませんか?

  • 顧客が来ないのは自分のサービスに問題がある
  • 顧客の継続に続かないのは自分のやり方に問題がある
  • 顧客の気持ちを理解できないのは自分に問題がある

上記の様な状況こそ、「自己嫌悪に意識を向けている」事になっています。

あなたは、トレーナー―という立場に意識が行き過ぎている事で役を演じている事になっていませんか?

実は過去の僕自身もその様な状況に陥った経験があります。

「何故自分は○○として、こんなにも出来ないのだろうか・・・。」

役を演じ立場を守る事で居場所は出来るかもしれません。その代わり、自分が失われてしまいます。
何故なら、「〇〇の戸川。〇〇先生。」等、立場と自分という形でビジネスが進んでいくからですね。

勿論、これを否定するわけではありませんが、本当の自分がなくなっていく可能性があります。立場で顧客さんは観てしまう。同じ人間同士である関係性であるはずが、損得の関係性になりえる可能性もあるからです。
そうする事で、本心は損得で関わりたくないにも関わらず、その関係性が色濃くなってしまうと、自分らしさがなくなる恐れもあるので、立場主義の発想を少しずつ減らしていく事を意識して頂くと、あなたが出てくるかもしれませんから。

さて、話を戻して、自己嫌悪についてでしたね?お話していきます。

自己嫌悪は誰もが持っているものであると僕は解釈しています。恐らく幼少期に自己嫌悪感は確立されたのではないでしょうか?
小さい頃の駄目だった感の体験から根強くなっていく様なイメージです。
僕自身、これに苦しみました。
その自己嫌悪、脱出を目指すと正直しんどくなります。
何故なら、自己嫌悪は憧れや他者との比較から生まれてくる傾向が強いからですね。

ですから、発想をズラして自愛に意識を向ける事を僕はおススメします。

あなたの身体、あなたの心、あなたの思考、あなたの魂。
自分自身をリスペクトしてあげる事で、自己嫌悪を受け入れる精神が発動するかもしれません。

もし失敗したとしても、今の自分が至っていないだけであり、成長していく為の通過点にしてしまう発想に変換していく考え方です。

僕はトレーナーと言う立場でもあり、コンサルタントの立場でもあります。ただその立場はきっかけであり、そのきっかけ以降の関わりはヒト対ヒトで対等にしていきたいと考えています。

勿論、コンサルタントは知識差ビジネスです。ただ、そのコンサルタントとしての関わり以外の部分、個人の世界観をリスペクトし、お互いの相互関係を構築出来たら、あなたが成し遂げたい未来の可能性がグッとあがると思います。

僕はそういった関係性で関わりたいと常々クライアントさんとも意識的に関わります。

あなたはどんな人達と関わりたいと思いますか?

損得だけの関係性で進んで生きたいのか?
それとも相互依存関係で、未来の方向を合わせて生きていきたいのか?

一度しっかり向き合い考えていく事で自分の方向性が見えてくるかもしれませんよ?

僕はあなたを応援します!

追伸

ちょっと自己嫌悪感満載かも知れない!と思ったあなたには、ちょっとしたアドバイスを今なら完全無料でお伝えします。誰かから背中を押されて始められる行動。僕はそれを体感しています。だからこそ、あなたの力に少しでもなれたらと思います。興味のある方はお問合せ下さい。

無料でお問合せはここをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

スポビジ大学@認定スポーツコンサルタント 戸川俊輔

【お客さんに選んでもらうのではなく、あなたが選ぶ】逆転発想スポーツコンサルタント。専門性のあるトレーナーの強みを引き出すのが得意。顧客満足度を考えた上で関係性の構築が、その後に大きな影響を及ぼす事を身を持って体験。相手の気持ちを汲み取った商品デザインに定評。店舗ビジネスに講座ビジネス、オンライン・オフラインビジネスを手掛ける。※スポビジ大学@認定コンサルタント