自分でクライアントを選べるの?そんな方法とは?

売り込みゼロでストレスフリーを手に入れよう!スポーツトレーナーの個人経営者を応援しますコンサルタントの戸川です。

どうしたら自分の理想的なクライアントに出会えるのでしょうか?
あなたは、そういった事を考えたことないですか?
僕は無茶苦茶考えていましたよ(笑)本当に!

「もし理想通りに行っています!」というトレーナーさんにはこの記事は参考にならないかもしれませんのでご自身の時間を大切にして下さい。

ちょっと待ってください!

中々、あと一歩な感じで自分の掲げている理想に近づけそう!】というあなたには、参考になるかもしれませんので、是非読み進めてみて下さい。

あなたは理想のクライアントさんと関われていますか?

僕はクライアントさんとの関わりに全力を注ぎたい人間です。
あなたもそうですか?

「○○さんのパーソナルトレーニングの指導、正直しんどいんだよね~。」
「○○さんのSessionか・・・なんか気分が乗らないな。」
「○○さんは目的意識が無いから、なんだかなぁ~。」

と頭で考えたり、思ったりした事ありませんか?

正直過去の僕はそんな事が日常茶飯事でした。
確かに来ていただける事は有難い事。売り上げにも直結する事であるし、ある程度の我慢は必要じゃないかな?と考えたりもしてました。

でも、それでは自分の肉体と精神がボロボロになっていきます・・・。
だってそうでしょ?自分に嘘ついているわけですから。

エネルギーヴァンパイアの概念

あなたは吸血鬼をご存知ですか?血を吸ってエネルギーを奪っていく恐ろしい存在。これ、実は日常や仕事の中でもあるんですよね。

あなたのエネルギーを根こそぎ奪っていく人の存在は誰ですか?

例えば?トレーナーSessionあるある。

  • 予約時間を守れない。
  • 予約を直ぐに変更する。
  • キャンセル時の料金発生に文句を言う。
  • トレーニング指導中に自分に掛かってきた電話に出る。
  • 他人の悪口を堂々と言う。
  • 無茶苦茶、受け身(受動的)でやってくれ精神で関わってくる。
  • 人のせいにする。
  • 勝手に期待する。
  • 話しを聞かない。こちらの伝えている場面で割って話してかぶしてくる。

という感じなクライアントと関わっていないですか?

上記の様なクライアントと関わることであなたは肉体にも心にも大きなストレスを受けているかもしれませんよ?

では折角なので、あなたにも考えて、感じて欲しいのでイメージを出してみますね?

【2人のクライアントがいるとします。】

Aさん(男性)
時間にルーズで、毎回15分遅刻してくる。トレーニング時間が短くなる事を告げると小さく舌打ちをする癖がある。前回の値上げについても良く思っていない。あまり自分で考え行動する姿勢がみえず、やってくれ精神で関わり、ただ来ているだけの目標もないクライアント。


Bさん(男性)

必ず10分前には到着し、店舗に入るなり挨拶をあなたの目を見てしてくる。自ら行動を起こし、トレーニングの内容についてもコミュニケーションを図り理解して取り組みたい姿勢があなたに伝わってくる。目標も肉体改造を主に健康維持と体重管理を実現したいと理想を話してきてくれるクライアント。


イメージできましたか?2人の人物像を文字でお越し読むだけですが、あなたはどう感じましたか?

Aさんと関わっているあなたを想像してみて下さい。疲れないですか?しっかり向き合えていますか?この方からSession料金を頂いた時の心の声はどうですか?僕なら、絶体受け付けないクライアント。料金も頂かないから、もう関わらないでくれ!ぐらいの人です。

それと比較して、Bさんとのトレーニング指導はどうですか?

楽しくないですか?Bさんの事を真剣に見て、考え、レクチャーしているあなたが見えてこないですか?僕は、このBさんを相手に仕事をしています。

今回の2例を出した理由ですが、エネルギーの奪われ方がまるで異なるSessionになりえます。スポーツトレーナーはクライアントさんを元気にする仕事。

かなりウザいAさんと関わると?あなたの元気が奪われなくなるわけです。そんな元気がない状態で、もし大切なBさんとその後に関わる時、最高のSessionにあなたは出来ますか?

僕は出来ないです。

単価の高いSessionに僕は掛けるエネルギーは高くしておきたいと考えます。※薄利多売じゃないからね。あなたの理想はもっと高いでしょ?

だからこそ「あなたがクライアントを選ぶ必要がある!」

そうはいってもどうすれば良いの?

今回お伝えする視点を2つ挙げます。

  1. 相手本人に誠心誠意で伝える。
  2. 条件を伝える。

中々現状を変える事って難しいと思っていますよね?最初の一歩がしんどい。実際、初期のSessionではよい感じだったクライアントさんが途中で態度が変わるという事もあるわけですよね?そういった時、直接クライアントさんに言って嫌われたらどうしよう・・とか、変な噂が流れてしまってお店に影響が出てしまうのでは?とかマイナス要素を考えていますか?その気持ちも分かります。ただ、そんな小っちゃい事に捉われる無意味さに僕は気づきました。

僕は誠心誠意で断る事をします。こういわれたらどうしよう・・・とか考えて出た言葉は相手には届きません。相手と本気で向き合い自分の心の声を正直に言う。これが相手に一番届くと思います。そして、あなたが楽になります。

全員に好かれる必要ありますか?僕はないと思います。

誠心誠意を見せてくれる、あなたの方が僕は好きです。

「直接なんて・・・とんでもない!」

そう思われたあなたは、前もって準備しておくことをお勧めします。
先に出す精神です。
○○○の様な人はお断りします!的な文面です。
先にあなたが見たいクライアントさんとはどんな人か?
情報を先に伝えて発信しておく事をお勧めします。
いわゆる「条件設定」です。
※文面で伝える事で、あなたの伝え忘れを防ぐ。
契約書などにも記載しておいて条件設定の印象を強烈に残す。
後から言うことは全て言いわけになってしまいます先出しです。

今回2つの視点をお伝えし、エネルギーヴァンパイアの存在についても触れさせて頂きました。僕は自分に嘘をついてまで仕事をしていたくない。人の感情の好き・嫌いは無茶苦茶大事。嫌いなものに対して最高のパフォーマンスは発揮できないと考えています。※注意!嫌いと苦手は全く違いますからね。

この記事を読んで更なる疑問も持ったあなた、今なら無料でお問合せ出来ます。
今回の視点をもっと深く掘り下げた【条件設定の作り方】をアドバイスさせて頂きます。

更に、僕と直接話してみたいというあなたには!
Zoomを使った無料コンサルティングを今だけ受け付けます。
この無料Zoomコンサルティングでは決してどこでも教えてくれない、ある「意識の概念」を少々レクチャーしちゃいます!何故僕は、誠心誠意で直接断る事が出来るのか?が見えてくるかもしれませんね?

興味あるあなたはこちら👇

無料でお問合せはここをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

スポビジ大学@認定スポーツコンサルタント 戸川俊輔

【お客さんに選んでもらうのではなく、あなたが選ぶ】逆転発想スポーツコンサルタント。専門性のあるトレーナーの強みを引き出すのが得意。顧客満足度を考えた上で関係性の構築が、その後に大きな影響を及ぼす事を身を持って体験。相手の気持ちを汲み取った商品デザインに定評。店舗ビジネスに講座ビジネス、オンライン・オフラインビジネスを手掛ける。※スポビジ大学@認定コンサルタント