4つのNOTを知る事で、あなたの心理は変わる発想

売り込みゼロでストレスフリーを手に入れよう!スポーツトレーナーの個人経営者を応援します逆転スポーツコンサルタントの戸川です 。

顧客との関係性を構築する為の関わり方は、今後、ますます重要視されてくると思います。
何故なら、世間の流れで自粛が加速し、不要とされるサービスが増えていくからです。

ほとんどのビジネスが急加速でデジタル化して来る事は、あなたも感じているのではないでしょうか?

多くの情報がWeb上に行きかい、あなた自身を見つける事も、この先困難な状況になりえるかもしれません。

だからこそ、あなたを知り、あなたの価値に共感し、あなたのお店に来てくれた顧客の信頼を獲得していく為にも、前段階である見込み客の心理を深く考察しておく事が大切になります。

あなたはこの様な経験がありませんか?

  • 新規の顧客さんが、あなたの目を見ない。
  • 新規の顧客さんが、提案した資料に目を通さない。
  • 新規の顧客さんが、あなたの提案した内容を信じない。
  • 新規の顧客さんが、中々思うように行動を変えない。

上記の様な事を放っておくこの様になるかもしれません。

  • あなたの話を聞かない為、関係性が崩れる。
  • あなたの資料の必要性がなくなる。
  • あなたの内容に不満を持ち、疑い深くなる。
  • あなたの提案を聞かずに行動に落とし込めない。

新規集客は非常に労力を使い大変です。それは、あなたも理解していると思います。初めて来店してくれた顧客さんの反応、あなたも気がかりになるのでないでしょうか?

そもそも論なのですが、実際にお店に来てくれる前の顧客さん(見込客)の心理はどうなっているのでしょか?少し掘り下げてみます。

見込み客の心理。4つのNOTとは?

  1. NOT OPEN(見込み客は開かない)
  2. NOT READ(見込み客は読まない)
  3. NOT BELIEVE(見込み客は信じない)
  4. NOT ACT(見込み客は行動しない)

上記のNOTを知る事で、あなたが発信する情報が誰のために伝える事なのか?明確に打ち出していく事が必要になります。

1、NOT OPEN(見込み客は開かない)

現在Web上には沢山の情報が乱立しています。ホームページ、YouTubeにFacebook、LINE、Instagram等、あまりにも多くの情報が提供されているのは、あなたもご存じですね。メルマガも情報ですし、チラシや広告も同じです。よほど見込み客の心を動かすフレーズや、キャッチコピーでない限り見られる事もありません。

そんな状態にも関わらず、あなたの情報をキャッチしてくれる事は奇跡的な出会いにもなりえます。そんな奇跡的な出会いは、見込み客目線でない限り開くこともありません。何故なら、見込み客は自分の悩みや問題を解決してくれるものを探しているからです。

そんな悩みに訴えかける様な、エッジの効いた言葉でないと反応すら起きないという事になります。顧客の目を見開くようなフレーズを考える事が最初の関門になります。

2、NOT READ(見込み客は読まない)

残念な事に最初の関門を突破して開いてくれたとしても、あなたの情報は読まれない事が多いです。何故なら見込み客の心理状態と情報に触れる見込み客のタイミングで、その情報を読もうとするのかどうかが決まってしまいます。

要は今は必要ないと思われてしまえば読まれません。
「私の事かな?」と見込み客が感じれば読み進められることになります。

読んでもらえないのなら情報発信は意味がないんじゃないか?と思われるかもしれません。
ですが、あなたの情報をWeb上に公開し残したことで、後々見込み客のタイミングによって読まれる事もあるわけです。あなたの行動は無駄ではないという事を押さえておきましょう。

3、NOT BELIEVE(見込み客は信じない)

見込み客がもしあなたの情報をキャッチし読んでくれたとしても、最初は半信半疑、もしくは信じていません。何故なら、あなたの事を初めて知り、会った事もない人を見込み客は、信じる事ができません。それは、どんなに権威性がある人が情報を発信したとしても基本初めて関わる人を信じる事はないのです。よほどファンになっていて何度も見たことがある人(芸能人、著名人等)でない限り、見込み客は聞く耳を持ってくれないのです。

その様な前提があるからこそ、あなたの情報を信じてもらうには、あなた自身の体験を見込み客目線で置き換える発想が必要になってきます。

また、根拠を元に示すデータや目に見えるもの(見える化)を提供しない限り中々信じてもらう事は難しいのです。

4、NOT ACT(見込み客は行動しない)

どれだけ読み進めても最後に見込み客は行動に移すことができません。
何故なら、人は基本変化を嫌います。

「この人と関わって本当に大丈夫か?」

現状の安心をあなたと関わることで、何か変わってしまうかもしれないという不安や恐怖を少なからず抱えています。

そんな不安や恐怖を少しでも解消して頂く為に、あなたと関わる為のハードルを下げる必要があるのです。よく使われるのが無料体験、無料提供、返金保証など、見込み客の不安を取り除く為の1つの方法になります。

見込み客から顧客へ

上記の4つの段階を通過して、あなたの前に顧客が来てくれた!

すごく嬉しく感じませんか?
あなたが情報発信した事に反応をしてくれた結果です。

実際に一生懸命作成したチラシやブログでお問い合わせを頂き、そんな見込み客が目の前に来て、これから関わる瞬間をイメージしてみて下さい。

多くの障壁を乗り越えて来てくれた見込み客が、顧客になろうとしているわけです。全身全霊で関わる事を、あなたが率先して行動しない、関わらない、他人事みたいな対応をすると相当な裏切り行為になり、失礼に当たる事になります。

あなたも情報を選択して発信しているわけです。あなたが理想とする顧客さんと関わりたいと思い描き、想像を膨らませながら記事を書いたりしていると思います。その情報に惹かれて来てくれた見込み客。

顧客になろうとしている最初の関わりが超重要であるという事は、言うまでもありませんね。あなたが選んだ顧客さんなのですから。

見込み客の心の扉を開く為の鍵。

4つのNOTを知り、見込み客の心理状態を汲み取る事で、顧客との最初の関わり方が変わるかもしれませんよ?

僕はあなたを応援しています!

限定企画

残り2日間の限定の企画です。
お急ぎください!

ABOUTこの記事をかいた人

スポビジ大学@認定スポーツコンサルタント 戸川俊輔

【お客さんに選んでもらうのではなく、あなたが選ぶ】逆転発想スポーツコンサルタント。専門性のあるトレーナーの強みを引き出すのが得意。顧客満足度を考えた上で関係性の構築が、その後に大きな影響を及ぼす事を身を持って体験。相手の気持ちを汲み取った商品デザインに定評。店舗ビジネスに講座ビジネス、オンライン・オフラインビジネスを手掛ける。※スポビジ大学@認定コンサルタント