男性が女性クライアントを知る為に必要な発想とは?

売り込みゼロでストレスフリーを手に入れよう!スポーツトレーナーの個人経営者を応援しますコンサルタントの戸川です 。

あなたは女性に対する苦手意識があったりしませんか?

経営の話とか、商品の話じゃないのか?と思われたかもしれませんが、結構大切な事だと僕は思っています。もし、あなたもこのテーマに興味があれば読み進めてみて下さい。

正直過去の僕は女性と話す事が苦手でした。変に緊張するし、何か自分を良く見せようとしている感があったり、こんな事言ったら失礼かもしれないとか、変に自分に意識を入れたりと、その場に適応できない僕でした。本当に今更ながら猛烈に反省しています。

過去の僕は女性に対して何を話せば良いのか分からない状態だったんです。そりゃそうですよね?

自分に意識を入れているって事は?

相手を見ていない事になります。

一番わかりやすい例として、要は「女性の話を聞いていない。」これに尽きると思います。

相手が何を伝えようとしているのか?今は聞いてほしいのか?アドバイスが欲しいのか?相手に寄り添う事で、相手の浴しているものが見えてきます。それなのに、自分事に意識を入れていれば、相手が存在していない事になります。

今回の内容は悪まで僕の解釈であり正しい事を言っているつもりはありません。ただ、僕自身が悩み苦しんだ背景があり、今に至るまでにどんな事にトライしてきたのか?興味のあるあなたは、自分事の様に照らし合わせて是非読み進めてみて下さい。

何故?あなたが女性を知る必要があるのか?(5つのステップ)

前提条件を知ろう

男性は基本理論的な思考が入りやすいと考えられています。これに対して僕もそう思っていますし、世間でも同じ事が言われています。この理論的な思考になる!という事をまず知る事が始まりになります。そこに意識が向かないと女性との会話は不一致に終わりやすくなります。過去の僕もダメダメでした。

僕は女性が社会を動かすと解釈しています。
あなたも考えてみてください。

  • スポーツジムに通う男女の割合はどうですか?
  • マッサージを受けている男女割合はどうですか?
  • 美容院に行く男女の割合はどうですか?
  • 買い物をしている男女の割合はどうですか?

女性が社会を動かしている➡お金を動かしているとも解釈できます。

過去の僕はそういった場面にも本当の意味で目を向けれていなかったと思います。そんな中、僕の中で意識していったことをお伝えしていきます。

僕がとった行動と方法とは?

現代社会は便利です。沢山の情報が溢れています。僕の様に「女性を知る為の術は何か?」という感じでインターネットで検索して調べる事を積極的に行いました。また、書籍で普段は読まない様な女性に関する情報や、会話術(女性へに声のかけ方・ナンパ、ホスト)、女性雑誌を進んで読む、ヨガ教室に行く、YouTubeで調べて情報を取る事をしてきました。僕自身が知り得ていなかった情報に積極的に触れる事、今でも継続的におこなっています。

人は意識したものしか見えない

意識とは意思(方向)と気(エネルギー)を掛け合わせたものが意識と僕は解釈しています。なので、まず始めに僕が決めた事は【女性を知る】と自分で決めました。決める事で、初めて情報が降りてきます。あなたもご存じ、ダイエットをする女性は、初めに【ダイエットをする】と決めるから、パーソナルトレーニングやヨガなどに通ったりするわけですよね?意識は本当に大切と思います。


先程男性は思考に入り理論的に物事を捉えるイメージをお伝えしましたが、女性は逆で感性が豊かです。勿論その中にも、キャリアウーマン的な女性で男性性が強い人も存在します。でも感性が豊か。この前提を忘れてはいけないと思います。どういう事なのかというと、五感が鋭いと捉えて下さい。

五感とは、視覚、嗅覚、味覚、聴覚、触覚の5つです。ここで注意です。
このような記事を読むと文字で捉えがちなのが男性です。要は、理論的に解釈して、文字を記号として捉えてしまう傾向があります。(僕もその傾向が強い事を知っていますし、認めています。)

女性は場の空気感や相手の印象なども五感で感じ取ってしまう程、感性が鋭いと思います。いわゆる初対面が大切で、最初の関わりがキモになります。

何度も言いますが、まずは女性を知ろうという意識が大切です。

女性について調べる。次の段階でとった僕の行動は、女性が好きそうな場所に行くでした。それが、ヒントになりえると信じて。


例えば?

  • 女性が好きそうなカフェにいく。
  • ファッションに触れる。
  • 女性との食事の席を設ける(逃げ場を無くすとより良い。)
  • マッサージを受ける。
  • 占いを体験する。

男性であるあなたも恐らくそうであると思うのですが、男性は1つの事に集中しやすい傾向があります。女性が好きそうな場所に何があるのかをあなたの理屈で捉えるのではなく、あなたが何を感じられるかを探しに行くイメージです。最初は恐らく分からないというより、分かろうとしてしまうのが男性です。ここにズレが生じてしまいます。女性は場を感じ、楽しんでいるという事を忘れないように心がけています。あなたのセンスが良ければ問題ないですが、僕はセンスがないのでしっかり問題意識を入れています。

女性は「バランス」を大切にしています。これは、僕の妻もそうですし、今まで関わってきたクライアントさんからリアルに聞いた意見です。このバランスを満たしていないと幸福感を感じられにくい事が女性の特徴であると思います。なので女性は沢山の体験を求めて、五感で様々な事を感じていると僕なりにですが解釈しています。

なので、あなたにもチャレンジして欲しい事があります。もし女性クライアントさんと関わる時は、「話を聞く」、「話を感じる」イメージ、感性で関わって欲しいと思います。小さいころから教えられる事ですね。【相手の話を聞きましょう。】その教育を僕は否定はしません。ただ、それだけの解釈では分からないのも事実。文字にするとそのままです。でも、本当に聞くってどういうことなのかを深く考えてみて下さい。

  • 相手の一語一句に意識を向ける。
  • 相手の言葉の力を感じる。
  • その言葉を聞いた時にあなたの中に入って来る感覚があるのか?無いのか?(上辺だけの言葉は響いてこない)

非常に抽象的で分かりにくい表現で申し訳ないですが、そうする事でその相手が使っている言葉や、声のトーン、エネルギー、表情の変化に仕草などを感じ取られ、見えるようになるかもしれません。だから意識を向ける事が大事なんです。

いかがでしたでしょうか。
【今回のまとめ】
5 STEP

  1. 女性を知ると決める
  2. 女性の前提を知る
  3. 女性に関する情報を調べる
  4. 女性の好きそうなもの・場所に関わる
  5. 女性の話に耳を傾ける

もっと奥深い解釈が必要なのは言うまでもありません。たったこれだけで女性を知れるのか?と言われれば恐らく難しいでしょう。だからと言って何もしないでは現状に留まるになってしまいます。僕はこの留まる発想が正直嫌いです。

どんな順序で僕自身がトライしていったのかを今回は見える化してみました。勿論、最初から順調にはいきませんでした。僕もトライしてエラーしてを繰り返しながら、今では臆することなく女性の話を聞けるように変化していきました。小さな成功体験の積み重ね。僕はこれもトレーニングとして解釈しています。

スポーツトレーナーのあなたにとって今回の記事が、更なる可能性を引き出せる何かの手掛かりになれば幸いです。

追伸

今回の記事を読んでチャレンジしたあなたは。是非お問合せ下さい。
あなたが何に取り組んだのか?
どんな成功と失敗があったのか?
僕とあなたでシェア会ができたら面白いかもしれませんね?
興味のある方は、お問合せ下さい。
Zoomでお互いの気づきを言い合える場を創る機会に、僕をご利用ください!

無料でお問合せはここをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

スポビジ大学@認定スポーツコンサルタント 戸川俊輔

【お客さんに選んでもらうのではなく、あなたが選ぶ】逆転発想スポーツコンサルタント。専門性のあるトレーナーの強みを引き出すのが得意。顧客満足度を考えた上で関係性の構築が、その後に大きな影響を及ぼす事を身を持って体験。相手の気持ちを汲み取った商品デザインに定評。店舗ビジネスに講座ビジネス、オンライン・オフラインビジネスを手掛ける。※スポビジ大学@認定コンサルタント